So-net無料ブログ作成
検索選択

田植(遅い田植)2013.6.23

【報告者】:粕谷和夫
【日時】:2013年6月23日、9:00-14:30
【天気】:晴
【参加者数】:会員7名(粕谷、鈴木、丸山、若尾、徳武、浜野建男、浜野知恵子)
【内容】
6月9日に予定した田植が水不足でできなかったが、その後降雨があり、2週間遅れで田植をした。
田植.JPG

予定より2週間も遅くなったので、苗代の黒米の苗が大きくなり過ぎていた。
黒米の苗.JPG

サンコウチョウ、キビタキ、ホオジロがさえずっていた。シュレーゲルアオガエル、モリアオガエルも鳴いていた。シュレーゲルアオガエルの卵泡があちこちにあった。繊細で美しいオオイトトンボが今年も出てきた。クマノミズキも花を盛りと着けていた。自然豊かな中での田植えは疲れるが爽やかである。
田植後1.JPG

田植後2.JPG

2013-06-20

田の草取り、畦の草刈(田植の準備)2013.6.9

タイトル】:田の草取り、畦の草刈(田植の準備)2013.6.9

【報告者】:粕谷和夫
【日時】:2013年6月9日、9:00-15:00
【天気】:晴
【参加者数】:会員6名(粕谷、添田、鈴木、津田、門口、丸山、浅野親子、浜野建男、浜野知恵子)、非会員1名
【内容】
田植の予定であったが、最近の八王子は殆ど降雨がなく、天水たよりの田んぼに水がなくて田植をできなかった。
田んぼが乾いているため雑草が生えてきたので、来るべき田植に備えて田んぼの草取りと畦の草刈をした。
草取り.JPG

田んぼにはイワツバメの10羽程度の集団がきていた。ウグイスとホトトギスがよくさえずっていた。
シュレーゲルアオガエルの泡のような卵泡が畦に産み付けられていた。
シュレーゲルアオガエル.JPG

ミヤマカワトンボが飛んでいた。
田の草取りをしていると土の中にヘイケボタルの成虫がいた。もう成虫になっていた。
ヘイケボタル.JPG

【タイトル】:体験田植に参加しませんか6月9日

 八王子里山クラブは、八王子市立上川口小学校裏の谷戸(通称「種入り」)で、里山の自然環境の復元をねらいに無農薬、無化学肥料栽培を基本とした稲の不耕起栽培に取組んでいます。稲の不耕起栽培とは、冬の間に田んぼに水を張っておき(通称「冬水田んぼ」)、耕さずに稲を田植する栽培方法です。

八王子里山クラブは上川口小学校と連携して、稲の不耕起栽培を行っています。作付け品種は古代米(黒米と赤米)及び餅米です。6月田植、7月草取りとホタル観察会、収穫の秋には鎌で稲刈、はざ掛けによる天日乾燥、足踏み脱穀機による脱穀を行います。

本年は6月9日(日)に田植を行います。この田植に体験参加しませんか。ただ今体験田植の参加者を募集中です。当日は9時頃から14時頃まで田んぼの作業を行います。
 バスで来られる方は西東京バス川口経由武蔵五日市行のバスで「上川口小学校」で下車して下さい。自家用車の方は秋川街道を今熊方面に進むと右側に「上川口小学校」があり、同校の校庭に駐車できます。集合場所は上川口小学校校庭です。

 体験田植に参加される方は、事前の申込が必要です。申し込まれた方には作業衣の準備、着がえ場所、持参品、雨天対応などについての連絡を事務局からお知らせします。参加に年齢制限はありませんが小学生以下は保護者同伴でお願いします。参加費は無料です。

 事前の申込先(事務局)は浜野建男 hamano@mxa.mesh.ne.jp です。必ずEメールで①参加者の氏名、②性別、③住所、④電話、⑤年齢(傷害保険の関係で年齢も必要です)をお知らせ下さい。同一家族で複数の参加がある場合は全員の①、②,④を記載下さい。

田植作業.JPG

田植.JPG

【タイトル】:イネの種蒔き、クワイの種芋植付、畦の草刈2013.5.5

【報告者】:粕谷和夫
【日時】:2013年5月5日、10:00-14:30
【天気】:晴
【参加者数】:会員6名(粕谷、鈴木、丸山、徳武、浜野建男、浜野知恵子)、
      
【内容】
上川口小学校裏の谷戸(通称種入り)で今年5回目の田んぼの作業を行った。集まったメンバーは6名。天気も良く、気温も高すぎず、活動日和であった。

田んぼに着くとノスリが上空を旋回していた。三つの作業を行った。
1.稲の種蒔き、
2.クワイの種芋の植付、
3.畦の草刈。

1の稲種蒔きは、6月9日に田植予定の黒米の種蒔きで、前回の作業で準備しておいた苗代に播種し、寒冷紗を架けた。
苗代.JPG

2のクワイ植付は、昨年収穫したクワイを保存しておいた39個の種芋を畝間株間とも約1メートル間隔で手で植つけた。種芋の下には両手一つかみの鶏糞を施した。

ヤマアカガエルのオタマジャクシが多く、トウキョウダルマガエルの声も大きく聞こえてきた。フジが綺麗に咲き誇っていた。昨年秋に伐採した竹のあとにはエビネが出て来て花を着けていた。
フジ.JPG

エビネ.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。