So-net無料ブログ作成
検索選択

イノシシ被害で田んぼは全滅した2012.10.13


タイトル】:イノシシ被害で田んぼは全滅した2012.10.13
【報告者】:粕谷和夫
【日時】:2012年10月13日、10:00-15:00
【天気】:晴
【参加者数】:会員7名(粕谷、鈴木、津田、向井、浅野親子、浜野建男、浜野知恵子)
      非会員2名
【内容】
春に苗代を造り、古代米を蒔いて、6月に田植えして、7月、8月に草取りをして、10月ようやく稲刈りを迎えた。
8月の日照りの時は水不足で稲がうまく育つか心配したが、それも乗り越えてきた。
1週間前までは稲穂が垂れていた。ところがである。
13日稲刈りをしようと田んぼに行ってみたら、稲は全てイノシシに食べられてしまっていた。
泣くに泣けない状況である。
僅かに残る稲をそのままにしておくと来年発芽して、他の品種の稲と混ざってしまうので、刈り取った。
稲穂の無い稲を束ねて乾したが空しかった。
作業中カケス、アカゲラが雑木林で鳴いていた。
上空ではトビの旋回飛翔にツミが絡んでいた。
ヤマアカガエルが出てきた。
ツリフネソウが綺麗に咲いていた。

イノシシにやられた田んぼ(8枚の田んぼの全てで稲穂を食べられてしまった)
イノシシにやられた田んぼ.JPG

イノシシにやられた後の穂の無い稲わらの刈取
イノシシにやられた後の稲刈.JPG

ヤマアカガエル
ヤマアカガエル.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。